2019年12月 4日 (水)

Ver.2.0.25 (Linux Qt5ファイル同梱版) テスト版

Qtのバージョンアップの度に巨大なQt5のオープンソース版パッケージを事前にダウンロードするのは大変なのでLinux版のQt5ファイル同梱版を作って試しています。

Qt for Linux/X11 - Deployment

を眺めながら作ってみました。Ubuntu 16.04 LTSで作っているのでそれ以降対応となると思います。

不具合などありましたら報告いただけると大変助かります。配布形態そのものを替えたほうがいいのかもしれませんけど…

 

これまでとは少し起動方法が変わります。環境変数を1つ設定し、起動スクリプトを実行する形になります。

展開してできるディレクトリをQTB_HOMEに設定します。

 

export QTB_HOME=/home/funfun/tool/linux_x64

 

起動スクリプト linux_x64/bin/Qt Brynhildr.sh を実行します。オプションはこれまでどおり指定可能です。

パッケージのサイズは26.7MBと大きくなりますがQt5のパッケージをダウンロードする必要はありません。

 

(注意!!)

1. Qt5のパッケージがすでにインストールされている環境では動作が怪しいようです。

 

可能なら一時的にQt5のパッケージを無効にすれば試していただけると思います。

(例えば一時的に/opt/Qt5.12.6を/opt/Qt5.12.6.bakに変更するなどして)

 

2.  Ubuntu(x64)以外のLinuxディストリビューションでは試せていません。

 

以下からダウンロードできます。

https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases

 

-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
47f0c4a4e1f82b5de7bdd6b403d209f2b6e51d29b9b7c60f11a3a0e778e5cd75 *QtBrynhildr-linux_x64-v2025-branch-newlinux-pkg.run

 

2019年11月29日 (金)

Ver.2.0.25 リリース

Ver.2.0.25 をリリースします。

不具合をいくつか修正しています。またhtmlマニュアルをアップデートしてMac版のパッケージにも同梱するように変更しました。

以下からダウンロードできます。(Windows/Linux(x64のみ)/Mac版)

 

https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases

 

主な変更は以下です。

 

[不具合修正]
・前回終了時のウィンドウ位置、サイズが起動時に正しく再現できない
不具合修正(Ver.2.0.23及び2.0.24)
・動的に確保する変数の初期化が不十分でデスクトップ画像の表示が乱れることがある
不具合修正(Ver.2.0.24)
・サーバに接続していない時にパブリックモードをモード5/6からモード7に変更した場合に
正しくマウスカーソルが変更されない不具合修正

 

[その他変更]
・Qt5.12.6でビルドするように変更(Linux(x86)版のみ5.4.2のまま)
・インストーラパッケージ作成ツールをバージョンアップ(InnoSetup 6.0.3)
・Mac版にマニュアル(html版)を同梱(Qt Brynhildr.app/Contents/Doc)するように変更
・html版マニュアルをVer.2.0.25ベースにアップデート(v0.9.3->v0.9.4)

-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
d8df8c864a61c4c16b52ebb43a572bf289a5893189226a358b96a4ea630cc840 *QtBrynhildr-linux_x64-v2025.run

769535aa8d067c012aca1dc6a857b6936bf206f1f1b3fb61200ef8cc3bd3ae49 *QtBrynhildr-macosx_x64-v2025.dmg

2da715bc92668babf0e7a71c3fdf03c1d97affa044354de19e851679aaff562f *QtBrynhildr-windows-v2025-msvc.exe

98dc68b38d271441b03a66306a04bbd6446514ce173bee100512a46aff496231 *QtBrynhildr-windows-v2025-msvc64.exe

 

2019年11月 5日 (火)

Ver.2.0.25-rc1 リリース

Ver.2.0.25-rc1 をリリースします。

不具合をいくつか修正しています。Qt 5.12.6 のリリースを待って正式リリース予定です。ドキュメント内容のアップデート、Windows版インストーラの設定変更などを追加する予定です。

以下からダウンロードできます。(Windows/Linux(x64のみ)/Mac版)

 

https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases

 

主な変更は以下です。

 

[不具合修正]
・前回終了時のウィンドウ位置、サイズが起動時に正しく再現できない不具合修正(Ver.2.0.23及び2.0.24)
・動的に確保する変数の初期化が不十分でデスクトップ画像の表示が乱れることがある不具合修正(Ver.2.0.24)
・インストーラパッケージ作成ツールをバージョンアップ(InnoSetup 6.0.3)

-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
d0b47aa6cbbd30a4aee32eb0c1cdc10ad7dca7f3a8652bd7c2d23d3cae894a46 *QtBrynhildr-linux_x64-v2025-rc1.run

cf957e82cbc56f660180c03a82c2b82a60e388d528ad86386cfca4346936c135 *QtBrynhildr-macosx_x64-v2025-rc1.dmg

957c0a0e7ca857e873719deb9e208d35da8dd9235f98c03305553f28cf4cf296 *QtBrynhildr-windows-v2025-rc1-msvc.exe

a2962b2d46ffd2bd15c8cacc61ab73cb2319e4497ea3e795b43f306400dc904e *QtBrynhildr-windows-v2025-rc1-msvc64.exe

 

[追記]

Mac版でサウンドにプチノイズが入ることがあるようです。

サーバ側のWindowsマシンのサウンド出力の形式をMacのサウンドデバイスがサポートしていない場合にエラーとせずに形式の変換を内部的に行っているような気がします。そのためデバイスに出力するための実サウンドデータが間に合わず、プチノイズとして現れているようです。

昔テストしたときはサポート外の形式の場合エラーが返っていたのでメッセージを出せたのですが…。
とりあえず2チャンネル、16ビット、44100Hz or 48000Hzあたりにするとそのままサウンドデバイスに届くと
思いますが…対応策を検討します。

2019年11月 3日 (日)

Ubuntu 19.10 日本語 Remix

Ubuntu 19.10 日本語 Remixがリリースされました。

https://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1910-ja-remix

なかなか快適ですね。

2019年11月 1日 (金)

今後の予定

今後のTODOリスト

  • 今分かっている不具合の修正
  • マニュアル(Sphinx)の内容のアップデートと内容の拡充
  • 実行性能の調査、確認

個人的なプロジェクトとしてやってきましたが、一人でやるのはちょっと開発速度的に問題があるなぁという気がしてきました。

2019年10月 8日 (火)

macOS Catalina がリリースされました

macOS Catalina がリリースされました。

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1211455.html

Qt BrynhildrのmacOS版を起動して最初に接続したとき、ウィンドウが半透明になってしまうようです。

切断、接続を数度繰り返すと正常に表示するようになるのですが原因は今の所不明です。

2019年9月27日 (金)

Ver.2.0.24 リリース

Ver.2.0.24 をリリースします。

Qt 5.12.5のオープンソース版でビルドしているためOpenSSLが1.1.1dに上がっています。

実行ファイル名、フォルダ/ディレクトリ名が変更されているので、Qt Brynhildr.iniファイルをバックアップしてからアンインストール後に新規インストール後Qt Brynhildr.iniを再配置してください。

以下からダウンロードできます。(Windows/Linux(x64のみ)/Mac版)

https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases

 

主な変更は以下です。

[その他変更]
・画像表示処理の改善
・Qt5.12.5でビルドするように変更(Linux(x86)版のみ5.4.2のまま)
・Windows版に同梱しているOpenSSL DLL(1.0.2x)を1.0.2tへ更新
・Windows版に同梱しているOpenSSL DLLに1.1.1dを追加
・インストーラパッケージ作成ツールをバージョンアップ(InnoSetup 6.0.2)
・実行ファイル、フォルダ名を"QtBrynhildr"から"Qt Brynhildr"に変更

[Windows版]

"QtBrynhildr\QtBrynhbildr.exe" -> "Qt Brynhildr\Qt Brynhildr.exe"

[Linux版]

"linux_64/bin/QtBrynhildr" -> "linux_64/bin/Qt Brynhildr"

[MacOS版]

"QtBrynhildr.app/Contents/MacOS/QtBrynhildr" -> "Qt Brynhildr.app/Contents/MacOS/Qt Brynhildr"

(*) .iniファイル名は変わらず"Qt Brynhildr.ini"です。

-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
ec3f6d5ca6debb1ec6e70d8fa6e67dd21ba9b87ee98f94176faa4401ff2559da *QtBrynhildr-linux_x64-v2024.run

bba3bf216f5e2e11da9e935ff8d63594a313f0f6ea248ee1956d25663208aac5 *QtBrynhildr-macosx_x64-v2024.dmg

68db32d59f8467dbb81a005541a20afc043ca415e0db22aa0655a4e91225f8d2 *QtBrynhildr-windows-v2024-msvc.exe

f4b9d54f9f7ea8dab66a5db0d288f89e623d9f75ce840dd48dd35392e0f548f0 *QtBrynhildr-windows-v2024-msvc64.exe

 

2019年5月10日 (金)

Ubuntu 19.04 日本語 Remix

5月7日に Ubuntu 19.04 日本語 Remix がリリースされたので開発環境を移行してみました。

 

http://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1904-ja-remix

 

Qt 5.12.3 のオープンソース版はOpenSSL 1.0系でビルドされていますが、19.04ではOpenSSLが1.1系にアップグレードされているのでGitHubで配布しているパッケージだと「アップデートの確認」メニューが無効化されてアップデートの確認ができません。(起動時にワラワラと警告メッセージが表示されます)

解決策としては Ubuntu 19.04 で配布されているQt 5 (5.12.2) でソースコードからビルドすればよいのですが、どうしたもんでしょうねぇ…

(テストを兼ねて、リニューアルされたココログのリッチテキストエディタ画面で書いています)

最後に、

Ubuntu 日本語 Remix チームのみなさま、いつもありがとうございます!

 

(追記)

昨日IchiGekiさんが発表された Eureka にはなんとなくつながるようです。(接続と簡単な操作だけ、ですけど)

IPv6専用リモートデスクトップ「Eureka」初公開

サーバ側の変更に一部対応できていない感じがしますね…

(追記2)

IPを間違えるとバッサリと落ちます。長くて覚えられないのですぐ発覚しました…

2019年4月25日 (木)

Ver.2.0.23 Windows版 置き換えました

Ver.2.0.23 のWindows版をアップロードし直しました。

ビルド環境の設定のアップデート忘れでVS2015でビルド(コンパイル)してました。動作自体には問題ないと思いますが
VS2017でビルドしたものを作り直しました。(実行バイナリのサイズが微妙に変わります)

85daf5e9568e85d5bbde71c87d6a6959b786fa1c596f1e53c8b7144f0116f88d *QtBrynhildr-windows-v2023-msvc.exe
6264c7b822558b78f5d64c58c3300e105a1eb14004fde080b6f4d2b98707f37e *QtBrynhildr-windows-v2023-msvc64.exe

Qt 5.12 でビルドするようになって、起動時に前回の終了時のウィンドウ位置が正しくリストアされていないようです。
どんどん下にずれていきます。全プラットフォームで再現しますがどう対処するか検討中です。

2019年3月18日 (月)

Ver.2.0.23 リリース

Ver.2.0.23 をリリースします。

Ubuntu 14.04 LTS を利用されている方はバージョンアップしないほうがよいです。

以下からダウンロードできます。(Windows/Linux(x64のみ)/Mac版)


https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases


主な変更は以下です。


[その他変更]
・Qt5.12.2でビルドするように変更(Linux(x86)版のみ5.4.2のまま)
・Windows版に同梱しているOpenSSL DLLを1.0.2rへ更新


[ビルド メモ]

(1) msvc2017/msvc2017_64 でのビルド

古い .qmake.stash が悪さをしてリンクに失敗することがあるのでビルド(qmake)前に .qmake.stash を
削除するのが確実そう。


(2) Ubuntu 16.04 LTS でビルド

Ubuntu 14.04 LTS は 2019.4.30 でサポート切れとなるため 16.04 LTS でのビルドへ移行する。

Ubuntu 14.04 LTS で利用するためには Qt 5.11.x 以下でビルドする必要がある。


(3) Coverity Scan ツールのアップデート

ツールを 8.7.0 から 2017.07 にアップデートした。MinGW73(gcc 7)に対応するため 2017.07 が必要。

ほぼ一年ぶりに Coverity Scan を実施し問題ないことを確認した。


-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
b79e5f1f3307c12d199b8f996eb624a28dc342209cda38848f855ed8abd46619 *QtBrynhildr-linux_x64-v2023.run

bf58070078f443d0e8ffb69bd1ab22981e9119232e9819891464e688f10d1e09 *QtBrynhildr-macosx_x64-v2023.dmg

98f8a71b3ec62c02140426a3fae8ab97e806c646cb4c8cda9f3ab70becfad8aa *QtBrynhildr-windows-v2023-msvc.exe

f7c1132b908fed1ab96578bee65d4a43db00e9139dbba74c81ab9e5230f8014c *QtBrynhildr-windows-v2023-msvc64.exe

«インタビューされたそうです