« MemoryBarrierとはなんぞや | トップページ | ソースコードの構成を変更したら »

2014年3月18日 (火)

ライセンスの確認をしてみる

以下のページでQtのライセンスの確認をしてみました。

http://www.sra.co.jp/qt/faq/licenses.html


問 : これからは Qt をどこでも無料で使えるのですか。
答 : 使えません。LGPL または GPL ライセンスで唱われる義務を守ったオープンソースソフトウェアを作成する場合のみ、Qt を無料で使用できます。
もしも、どのような理由であれ、そのようにできない/したくない場合は、商用ライセンスを購入する必要があります。


ということは、ソースコードを公開しないソフトウェアは作れないということ?ですかね。

確認すると


問: 自分のソースコードを公開したくないのです。どうすればいいですか。
答: Qt の LGPL 版または商用版ライセンスを購入しなければなりません。


と書いてあります。ま、公開するんでいいんですけどね。修正BSDは使えないということですね…

どちらにしろライセンスの問題は難しいですね、賠償問題とかなったら面倒この上ないことになりそう。

あ、今気づきましたが、SRAからLGPL版Qtが入手できますね。
最新のQtを試そうとすると結局オープンソース版Qt5のソースコードから作らないといけないのでしょうけど。一応後で確認します。開発規模を入力するところがあるのですが、さすがに一人ってアレだし、あと部署だとか会社名とか入れなければなりません…会社でないし(^_^; 大人しくソースコードから作ろうかな。

« MemoryBarrierとはなんぞや | トップページ | ソースコードの構成を変更したら »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/55419635

この記事へのトラックバック一覧です: ライセンスの確認をしてみる:

« MemoryBarrierとはなんぞや | トップページ | ソースコードの構成を変更したら »