« ライセンスの確認をしてみる | トップページ | 効率的なバッファリングはどうすればいい? »

2014年3月18日 (火)

ソースコードの構成を変更したら

(追記)
.proがMakefile*よりも新しい場合は自動的にqmakeを再実行するようになっていました…
make distcleanなどを行う必要はありません。以下の記事は修正しておりませんがご容赦ください。

-- ここから --

Qt5を使ってアプリケーションを開発する場合ソースコードを追加したりしたら、Makefile*を作り替える必要があります。Qt5をバージョンアップしたら問答無用でMakefileは作り直し(qmakeの再実行)です。

また、.proファイルの内容を変更する必要があるかもしれません。利用するQt5のモジュールに変更があった場合も同様です。

GUI、ネットワーク、マルチメディアを使う今の実装では、例えば.proファイルは以下の様な内容になります。


######################################################################
# Automatically generated by qmake (3.0) ? 2 12 23:44:23 2014
######################################################################

TEMPLATE = app
TARGET = qtbrynhildr
INCLUDEPATH += .
QT += gui
QT += network
QT += widgets
QT += multimedia
RESOURCES = brynhildr.qrc

# Input
HEADERS += brynhildr.h mainwindow.h util.h common.h protocols.h machine/protocols_x86.h machine/protocols_x64.h
SOURCES += brynhildr.cpp mainwindow.cpp main.cpp


.pro ファイル自体を作りなおす(qmake -project)こともできますが時間がかかることがあるので、最低限のソースコードを生成してから一度作った後は手動で.proを変更し、Makefile*を作り直すようにした方が良さそうです。


ソースコードはgitで管理しているので、削除、移動、追加した場合はそれぞれgit rm/mv/add を使ってます。
gitはファイル自体の削除、移動も同時に行うので、驚かないでください。

.proファイルも要変更です。

[image/image.jpを削除する]

git rm images/image.jpg

[protocols_x86.hをmachine以下に移動]

git mv protocols_x86.h machine/protocols_x86.h

[newsource.cppをカレントディレクトリに追加]

git add newsource.cpp

のような感じです。

« ライセンスの確認をしてみる | トップページ | 効率的なバッファリングはどうすればいい? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/55420567

この記事へのトラックバック一覧です: ソースコードの構成を変更したら:

« ライセンスの確認をしてみる | トップページ | 効率的なバッファリングはどうすればいい? »