« 音が出るまで、のこと その5 | トップページ | 音が出るまで、のこと 最後 »

2014年4月26日 (土)

ああ、ソースファイルが…

WindowsとUbuntuでホームを共通化していたら、とんでもないことをしてしまいました。

これまで Windows 8.1 上の Cygwin x64 でホームディレクトリを整理していました。この度Ubuntu 14.04 LTSへの移行に伴い、この際 FreeBSD 10.0 ともホームディレクトリを共通化しようとしたのですが、そこで重大なミスを犯しました。

Ubuntu 13.10 上でいろいろ整理して、何気なくWindows上にtar.xzアーカイブファイルで転送し、上書きしてしまったのです。Qt Brynhildr(仮称)のソースは同期しておらず、gitリポジトリはローカルにしか存在していませんでした。Ubuntu 13.10上のソースは少し古いものだったのです。

つまり…古いソースファイルで上書きし、さらにgitリポジトリ自体も上書きしてしまったのです。いろいろなマシンのホームもすでに置き換え済みでした。恥ずかしいことに、すべてのファイルはgitで戻せるのでホームディレクトリは最新だけあればよいと思っていたのです。しかし、間違った認識でした、gitリポジトリ自体の整合性が崩れたのです…

#同時にMew-6.6rc3のメールホルダーの整合性も怪しくなりました。

久しぶりに、いやな汗が出ました。一日分の作業量でしたが、2時間位の修正がなくなってしまったのです。
早めにGitHubへ移行しようと決心した出来事でした。少なくともホーム以外にgitリポジトリを移そうと思います。

心臓に悪いです。まるで、重要なディレクトリで rm -rf * を実行した時のような。

« 音が出るまで、のこと その5 | トップページ | 音が出るまで、のこと 最後 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/55938834

この記事へのトラックバック一覧です: ああ、ソースファイルが…:

« 音が出るまで、のこと その5 | トップページ | 音が出るまで、のこと 最後 »