« この回答はつらいかも… | トップページ | 今後の妄想をつぶやく »

2014年5月25日 (日)

PCMデータの同期をどうするかを考える前に

Linuxで顕著な音声の遅れについて考えます。えっと、頭の中を整理するのに今どきどんだけアナログって気もしますが、図を書きました。

Qtb_pic_2

(追記) Diff -> Delay ですかね、やっぱり。

Brynhildrサーバさんとの通信を概念的に書くとこんな感じです。

JPEGデータの届き方とPCMデータの届き方が少し違うので、単純に1画面分のJPEG画像ファイルが届くたびにQtに描画を依頼するのと、細切れに送られてくるPCMデータを寄せ集めて、再生用バッファに書き込むのでは、時間がずれてきます。

この絵をイメージしながら、同期をどうするか検討します。
#手で書いたほうが、うまく検討できるのは、アナログ時代な人間だけではないはず、と思う今日この頃。

« この回答はつらいかも… | トップページ | 今後の妄想をつぶやく »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/56305544

この記事へのトラックバック一覧です: PCMデータの同期をどうするかを考える前に:

« この回答はつらいかも… | トップページ | 今後の妄想をつぶやく »