« 多言語対応の準備をしましょうかね その4 | トップページ | この回答はつらいかも… »

2014年5月24日 (土)

多言語対応の途中ですが…

多言語対応をしながら、ストレステストをしているのですが、ちょっと気になったので調査します。

VMware Workstation上で動いているWindows XP上のBrynhildrサーバに接続して、ストレステストをしていました。

20140524_195639

Advanced System Careのスキャンを行っているデスクトップ画面です。ちょっとわかりにくいのですが、やや画像がにじんでいて、画質が劣化しています。Brynhildrサーバに画像を要求する時にクライアント(この場合はQt Brynhildr(仮称))から画質をある程度指定してJPEGデータの送信を要求するのですが、サーバの性能や負荷などを調べて、最終的な画質を決めているような感じがします。作者の方にはまだ裏を取っていませんが(^-^;

できれば、きれいな画像で操作したいですよね。で、JPEGの画像圧縮について調べてみます。googleさんで検索すると以下のページがひっかかりました。

画質・圧縮率について

JpegAnalyzerというソフトを公開されている方のページみたいです。

静止画像圧縮に関してまとめられているようですね、素晴らしいです。

結構なボリュームなので、また別途読ませていただくことにして、とりあえず上記のページだけ、さらっと眺めました。

このページよると、画質を決める要素としては、以下の3つのパラメータがあるそうです。

・量子化テーブル
・サンプリング比(間引き率)
・ハフマン圧縮の効率

んん、もう少し調査してから、また書きます。

« 多言語対応の準備をしましょうかね その4 | トップページ | この回答はつらいかも… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/56300623

この記事へのトラックバック一覧です: 多言語対応の途中ですが…:

« 多言語対応の準備をしましょうかね その4 | トップページ | この回答はつらいかも… »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30