« 多言語対応の準備をしましょうかね その3 | トップページ | 多言語対応の途中ですが… »

2014年5月24日 (土)

多言語対応の準備をしましょうかね その4

「3. 多言語対応するための追加情報を.pro/.qrcファイルに入れる」です。

日本語での表示を行うために、実行時にデータファイルを読み込む仕組みは入れました。次は、実際に読み込むデータを作ります。このデータは、英語の文字列と対応する日本語の文字列の対応表みたいな情報を定義したものです。

翻訳するのは人間ですので、人間に分かる形のファイルを編集することになります。このファイルが".ts"という拡張子のファイルになります。プログラムが読み込むデータは事前に読み込みやすいようにバイナリに変換したファイル(".qm"という拡張子)になります。

これらのファイルの情報を.pro/.qrcファイルに追加します。

まずは、.proファイルです。"TRANSLATUINS="の行です。

---------------------- ここから ------------------------------------------
######################################################################
# Automatically generated by qmake (3.0) ? 2 12 23:44:23 2014
######################################################################

TEMPLATE = app
TARGET = qtbrynhildr
INCLUDEPATH += .
QT += gui
QT += network
QT += widgets
QT += multimedia
RESOURCES = brynhildr.qrc
TRANSLATIONS = translations/brynhildr_ja_JP.ts

# Input
HEADERS += brynhildr.h mainwindow.h util.h common.h protocols.h machine/protocols_x86.h machine/protocols_x64.h soundbuffer.h settings.h parameters.h
SOURCES += main.cpp brynhildr.cpp mainwindow.cpp soundbuffer.cpp settings.cpp
---------------------- ここまで ------------------------------------------

次は.qrcファイルです。".qm"ファイルの指定を追加しました。この".qm"ファイルは".ts"ファイルを変換して後で生成します。

---------------------- ここから ------------------------------------------


                images/3Bjunior.jpg
                translations/brynhildr_ja_JP.qm


---------------------- ここまで ------------------------------------------

以上で必要な2つのファイルに関する情報を記述できました。ファイル名の拡張子の直前の文字列が以前調べた言語の情報を示す文字列である"ja_JP"になっています。

« 多言語対応の準備をしましょうかね その3 | トップページ | 多言語対応の途中ですが… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/56300127

この記事へのトラックバック一覧です: 多言語対応の準備をしましょうかね その4:

« 多言語対応の準備をしましょうかね その3 | トップページ | 多言語対応の途中ですが… »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30