« 今後の妄想をつぶやく | トップページ | 多言語対応の準備をしましょうかね その6 »

2014年5月26日 (月)

多言語対応の準備をしましょうかね その5

「4. Qtに含まれるlupdateコマンドを使って多言語対応したい文字列の情報を取得する」です。

lupdateコマンドを実行すると.proで指定されたソースファイル(SOURCES)を全部解析して、tr()マクロで書かれた文字列定数の翻訳のためのデータのテンプレート(.ts)を生成します。

実行するコマンドは以下の様な感じです。

lupdate -verbose brynhildr.pro

出来上がった.tsファイルは以下の様な感じです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!DOCTYPE TS>
<TS version="2.1" language="ja_JP">
<context>
    <name>QObject</name>
    <message>
        <location filename="../main.cpp" line="39"/>
        <source>Setting up the main window ...</source>
        <translation type="unfinished"></translation>
    </message>
</context>
<context>
    <name>brynhildr::Brynhildr</name>
    <message>
        <location filename="../brynhildr.cpp" line="91"/>
        <source>Exit</source>
        <translation type="unfinished"></translation>
    </message>
    <message>
        <location filename="../brynhildr.cpp" line="92"/>
        <source>Exit Qt Brynhildr</source>
        <translation type="unfinished"></translation>
    </message>
    <message>
        <location filename="../brynhildr.cpp" line="96"/>
        <source>About</source>
        <translation type="unfinished"></translation>
    </message>
    <message>
        <location filename="../brynhildr.cpp" line="97"/>
        <source>Show Qt Brynhildr</source>
        <translation type="unfinished"></translation>
    </message>
    <message>
        <location filename="../brynhildr.cpp" line="101"/>
        <source>About &Qt</source>
        <translation type="unfinished"></translation>
    </message>
    <message>
        <location filename="../brynhildr.cpp" line="102"/>
        <source>Show Qt library's About box</source>
        <translation type="unfinished"></translation>
    </message>
    <message>
        <location filename="../brynhildr.cpp" line="109"/>
        <source>&File</source>
        <translation type="unfinished"></translation>
    </message>
    <message>
        <location filename="../brynhildr.cpp" line="115"/>
        <source>&Help</source>
        <translation type="unfinished"></translation>
    </message>
    <message>
        <location filename="../brynhildr.cpp" line="151"/>
        <source>connected : </source>
        <translation type="unfinished"></translation>
    </message>
</context>
</TS>
sourceタグに囲まれた文字列がソースコードに埋め込まれたデフォルトの文字列です。翻訳が終わっていないので"unfinished"という文字列が見えますね。さて、次はやっと翻訳作業です。

« 今後の妄想をつぶやく | トップページ | 多言語対応の準備をしましょうかね その6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/56318341

この記事へのトラックバック一覧です: 多言語対応の準備をしましょうかね その5:

« 今後の妄想をつぶやく | トップページ | 多言語対応の準備をしましょうかね その6 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31