« Qt Designerを立ちあげてみる その3 | トップページ | 暗号化についても考えてみる »

2014年5月28日 (水)

Qt Designerを立ちあげてみる その4

やっぱり、Qt Designerです。

"setting_dialog.ui"ファイルをダブルクリックせずに、Qt Designerをスタートメニューから起動します。
で、「ファイル」メニューから読み込みました。

まず、作ったばかりのDialogを表示するために自動生成されるソースコード見てみましょう。

「フォーム」メニューから「コードを表示…」を選択します。

20140528_201732

コピペしました。これをどうにかして自分のプログラムに組み込むようですね。さて、その作法を勉強しなくてはなりません。

実装の入ったヘッダーファイルっぽいので、includeしてなんかこねくりまわすのでしょうねヽ(´▽`)/
/********************************************************************************
** Form generated from reading UI file 'setting_dialogRM6016.ui'
**
** Created by: Qt User Interface Compiler version 5.3.0
**
** WARNING! All changes made in this file will be lost when recompiling UI file!
********************************************************************************/

#ifndef SETTING_DIALOGRM6016_H
#define SETTING_DIALOGRM6016_H

#include <QtCore/QVariant>
#include <QtWidgets/QAction>
#include <QtWidgets/QApplication>
#include <QtWidgets/QButtonGroup>
#include <QtWidgets/QDialog>
#include <QtWidgets/QDialogButtonBox>
#include <QtWidgets/QHeaderView>

QT_BEGIN_NAMESPACE

class Ui_Dialog
{
public:
    QDialogButtonBox *buttonBox;

    void setupUi(QDialog *Dialog)
    {
        if (Dialog->objectName().isEmpty())
            Dialog->setObjectName(QStringLiteral("Dialog"));
        Dialog->resize(400, 300);
        buttonBox = new QDialogButtonBox(Dialog);
        buttonBox->setObjectName(QStringLiteral("buttonBox"));
        buttonBox->setGeometry(QRect(30, 240, 341, 32));
        buttonBox->setOrientation(Qt::Horizontal);
        buttonBox->setStandardButtons(QDialogButtonBox::Cancel|QDialogButtonBox::Ok);

        retranslateUi(Dialog);
        QObject::connect(buttonBox, SIGNAL(accepted()), Dialog, SLOT(accept()));
        QObject::connect(buttonBox, SIGNAL(rejected()), Dialog, SLOT(reject()));

        QMetaObject::connectSlotsByName(Dialog);
    } // setupUi

    void retranslateUi(QDialog *Dialog)
    {
        Dialog->setWindowTitle(QApplication::translate("Dialog", "Dialog", 0));
    } // retranslateUi

};

namespace Ui {
    class Dialog: public Ui_Dialog {};
} // namespace Ui

QT_END_NAMESPACE

#endif // SETTING_DIALOGRM6016_H

« Qt Designerを立ちあげてみる その3 | トップページ | 暗号化についても考えてみる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/56339788

この記事へのトラックバック一覧です: Qt Designerを立ちあげてみる その4:

« Qt Designerを立ちあげてみる その3 | トップページ | 暗号化についても考えてみる »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30