« メッセージの管理について考える その後 | トップページ | コマンドラインオプションを用意したい »

2014年6月30日 (月)

Andoroid NDKをDownloadする、Apache Antもね…

Android NDKをダウンロードします。Qtのページからリンクを辿ります。

http://developer.android.com/tools/sdk/ndk/index.html

2014 Marchにリリースされた"r9d"というのが今の最新らしいです。Linux用なので、Linux 64bit (x86)というtar.bz2ファイルをダウンロードしました。

昔zipで固められたいたアーカイブは今はtar.bz2になっているようですね。Windowsは変わらずzipですね。

cd /opt
sudo tar xvfj android-ndk-r9d-linux-x86_64.tar.bz2

で/optに展開しました。

シンボリックリンクを張って、"/opt/android-nkd"でアクセスできるようにしました。mvしてもいいんですが,新しいバージョンがリリースされた時に前のバージョンもとっておきたいので、その時はシンボリックリンクを張り直します。

sudo ln -s android-ndk-r9d android-ndk

最後に環境変数PATHに"/opt/android-ndk"を追加します。

「Additional Download」としてC++の「STL debug info」がありますが、STLライブラリを使っていてデバッグしたい時に必要そうです。が、いまのところ必要なさそうなので、必要になったらDownloadしてunzipした後、上書きすればよいようです。

最後に"Apache Ant"をDownloadします。Qtのリンクを辿ります。

http://ant.apache.org/bindownload.cgi

「Apache Ant 1.9.4」が最新らしいです。

リンク「apache-ant-1.9.4-bin.tar.bz2」をクリックして最寄りのサイトからダウンロードしました。

cd /opt
sudo tar xvfj apache-ant-1.9.4-bin.tar.bz2
sudo ln -s apache-ant-1.9.4 apache-ant

で同じく/optに展開して、シンボリックリンクを張りました。/opt/apache-antでアクセスできます。

環境変数PATHに"/opt/apache-ant/bin"を追加すればよさそう。

とりあえず、Qtのページで必須とされていたパッケージが入ったと思いますが…これから確認します。
Eclipse ADT付きがあった方がいいのでしょうかね?

Windows版なら以下からAndroid SDK付きなADT付きEclipseがダウンロードできますね。
4.4 Lunaではなく4.3 Keplerだと思われます。

http://developer.android.com/sdk/index.html#win-bundle

以下が同梱されているようです。

 ・Eclipse + ADT plugin
 ・Android SDK Tools
 ・Android Platform-tools
 ・A version of the Android platform
 ・A version of the Android system image for the emulator

Android向けアプリケーション開発に必要なすべてが同梱されているそうです。

With a single download, the Eclipse ADT bundle includes everything you need to begin developing apps:

(追記)

「VIEW ALL DOWNLOADS AND SIZES」をクリックすると、Linux (32/64bit)版のADT bundleも提供されていました。

« メッセージの管理について考える その後 | トップページ | コマンドラインオプションを用意したい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/56652129

この記事へのトラックバック一覧です: Andoroid NDKをDownloadする、Apache Antもね…:

« メッセージの管理について考える その後 | トップページ | コマンドラインオプションを用意したい »