« Qt Brynhildr (仮称) for Linux (Ubuntu 14.04 LTS) | トップページ | メッセージの管理について考える その後 »

2014年6月28日 (土)

Andoroid SDKをDownloadする

とりあえず環境構築のための環境はVMware Workstation上のUbuntu 14.04 LTSにしました。実機PCが必要なら、同じ手順でやればいいということで。

Qtのページからリンクを辿ります。

http://developer.android.com/sdk/index.html

Linux用は「VIEW ALL DOWNLOADS AND SIZES」をクリックしてすればリストが表示されますね。

ADTというやつがついたものとSDKのみ(32bit/64bit同梱)があります。

とりあえずSDKのみでいいでしょうかね。ダメならやり直せばいいし。

SDK Tool Onlyの「android-sdk_r23-linux.tgz」をダウンロードしました。

ダウンロードを開始するとすぐに「インストールの仕方」のページに移動するので、これを読んで適当な場所にSDKを展開するみたいです。どこに置くのがいいんでしょうかね…

Qtが/optにあるので、とりあえず/optにでも展開します。

cd /opt
sudo tar xvfz android-sdk_r23-linux.tgz

(注) 自分のホームの下なら"sudo"なしで大丈夫ですね。/opt下は管理者権限がないとだめです。

android-sdk-linux

が現れました。SDKは日々改善されているので、最新にする必要があるそうです。

cd android-sdk-linux
sudo ./tools/andoird update sdk

途端に以下のメッセージが表示されました。

./tools/android: 1: ./tools/android: java: not found
./tools/android: 1: ./tools/android: java: not found
./tools/android: 110: exec: java: not found

javaがない…。ま、入れてませんからね(。・w・。 )

とりあえずjavaコマンドを実行してみます。

「javaコマンドはないよ。このパッケージなんじゃない?」

と表示されるので、とりあえずjavaの実行環境だけ入れてみます。

sudo apt-get install default-jre

終わったら、再度updateを実行します。

なんかウィンドウが出てきました。最新版のチェックが終わると、[install 15 package]というラベルのボタンが出てきます。15個のパッケージが更新されているようです。

[install xx package]をクリックして、アップデートを実行します。

「あれ、8つしかアップデートされていないな」 一回のアップデートで全部更新されないこともあるようです。

「もう一度アップデートしておけ」と押したら、ダウンロードのパッケージ名に「Preview」とか出ているので、本当は必要なかったのかもしれません。ま、余分に入る分にはいいかなと思って放置します。
# 「install package」ボタンが無効化になったら、もう最新ですので「バツ」ボタンを押してウィンドウを閉じます。

Qtのページにjava v6以降が必要と書いてあったので、ここでjava7を入れておきます。一応sunのjavaを入れましょうか。
# 先ほど入れたjavaの実行環境JREはopenJDKぽかったですが…
# java version "1.7.0_55"
# OpenJDK Runtime Environment (IcedTea 2.4.7) (7u55-2.4.7-1ubuntu1)
# OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.51-b03, mixed mode)

sudo aptitude install sun-java7-jdk

aptitudeがない場合は事前に入れなければいけませんね。

sudo apt-get install aptitude

で入ります。

javacを端末から使う場合はもう少し設定が必要ですが、また必要になったら設定します。

とりあえず、Android SDKとJDKが入りました…まだ半分も終わっていません。

(追記)
javacというコマンドを実行すると以下のように出ます。

プログラム 'javac' は以下のパッケージで見つかりました:
* default-jdk
* ecj
* gcj-4.8-jdk
* openjdk-7-jdk
* gcj-4.6-jdk
* openjdk-6-jdk
次の操作を試してください: sudo apt-get install <選択したパッケージ>

いずれかのパッケージを入れたらjavacコマンドが使えるようになりますが、OpenJDKが使えると書いてあったので、

openjdk-6-jdk, openjdk-7-jdk

あたりがいいかもしれませんね。sun-java7-jdkでなにか支障があったらopenjdk-7-jdkあたりも検討しましょうか。

(追記2)
と、思ったのですが、今後のことも考えて、jdkとしてOpenJDKを入れました。

sudo apt-get install openjdk-7-jdk

javacコマンドを実行するとオプションの説明が日本語で出ます。(*^-^)

« Qt Brynhildr (仮称) for Linux (Ubuntu 14.04 LTS) | トップページ | メッセージの管理について考える その後 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/56631142

この記事へのトラックバック一覧です: Andoroid SDKをDownloadする:

« Qt Brynhildr (仮称) for Linux (Ubuntu 14.04 LTS) | トップページ | メッセージの管理について考える その後 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30