« 暗号化についても考えてみる その5 | トップページ | Qt Designerを使ってみる その2 »

2014年6月 2日 (月)

Qt Designerを使ってみる

設定ダイアログ暫定版を作ってみることにしました。

Qt Designerを立ちあげて、以前保存したファイル"setting_dialog.ui"を「ファイル」メニューから読み込みました。

本格的な設定ダイアログはQt Designerの使用方法を理解した後にまた作りたいと思いますので、ショボイですが適当に作ってみます。

今回設定できる項目は、「ホスト名」、「ホストタイプ(Windows XP/Vista/7/8/8.1)」、「ポート番号」、「パスワード」の4つにしました。後はハードコーディングでもどうにかなりますので。

ホスト名(HostName)は、1行編集なので、「Line Edit」という部品で良さそうです。

ホストタイプ(HostType)は、XP/Vista/7/8/8.1から選択するので、「Combo Box」という部品でしょうか。

ポート番号(PoertNo)は、1~65535までの数値なので、「spin Box」にしました。

パスワード(Password)は、ホスト名と同様なので、これも「Line Edit」という部品で良さそうですね。

それぞれに対応するラベルを右側に設定して、以下のように配置しました。

20140602_174007

「label_1」とかだと分かりにくいので、「label_hostname」とかにわかりやすく変更しました。

後、「編集」メニューから「タブ順を編集」を選択して、部品のタブ順(Tab Order)を調整しました。
上から下に移動して、最後にボタンへ移動しするように編集します。

20140602_180802

実際のダイアログをプレビューしてみました。「フォーム」メニューから「プレビュー(P)」を選びます。
以下のように実際のダイアロ・グウィンドウが表示されます。少しショボイですね、やはり。

20140602_174021

「タブ順」を一応確認します。あれ、spinBoxで、直接数値は入力できませんね…spinBoxってそういう部品でしたっけ?

「QWidget」のプロパティ「windowTitle」を「Dialog」から「Setting」に変更しました。

20140602_181335

もう少し、各部品のプロパティの調整が必要そうです。

部品の位置、サイズ、プロパティの変更は簡単に行えるので、時々ファイルを保存しながら、いろいろやってみます。アクセラレータキーも付けたいし、もう少しカッコよくしたいですよねぇ(*^-^)

« 暗号化についても考えてみる その5 | トップページ | Qt Designerを使ってみる その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/56386034

この記事へのトラックバック一覧です: Qt Designerを使ってみる:

« 暗号化についても考えてみる その5 | トップページ | Qt Designerを使ってみる その2 »