« Qt Designerを使ってみる その3 | トップページ | 進捗記録 2014.6.7 »

2014年6月 7日 (土)

Qt Designerを使ってみる その4

設定ダイアログのデザインがいまいちしっくりこないなぁ、と思っていましたが、「入門Qt4プログラミング」を眺めていて、ふと気づきました。

「レイアウトマネージャーを全く無視しているんだけど」

「ダイアログのRADデザイン」という章を読んでいたのですが、斜め読み過ぎて、おざなりになりすぎたようです。
この章での表記はQt Designerが日本語化する前の表記らしく、ちょっとピンと来ていませんでした。

例えば、「Lay Out Horizontally」というメニューがあるのですが、Qt5.3のQt Designerでは「水平に並べる」です。水平方向の配置を管理する部品を配置し、その中にLabelやlineEditなどの部品を配置することで、水平方向の部品配置をうまく扱ってくれるようです。同様に「垂直に並べる」とかもあって、これらをきちんと使えば、ウィンドウをリサイズしたり、Linuxにもっていくとラベルが切れたりしなくなるようです。

あと、スペーサ(水平方向)とか言う部品も使いました。隙間をうまく調整してくれるようです。

20140607_105302

いろいろ部品をいじって、保存し、"mmake debug"とかすると、勝手にソースコードを生成しなおして、ビルドしてくれます、便利ですね。

20140607_105619

傍目には、クールになったとは言いがたいのですが、バランスとしては少しマシです(*^-^)

Linux (Ubuntu) 版は以下のような感じです。

20140607_123319

(追記)

今頃ですが、この設定情報って「設定」ではないですね…「ファイル」メニュー → 「サーバに接続」と選択して接続のために毎回出るって情報のような気がします。「ファイル」メニューに「サーバに接続」を追加して、そこから「接続ダイアログ」を表示するようにしたいと思います。
#今は関数main()の最後辺りにハードコーディングしてます。


  // for TEST
  SettingDialog *dialog = new SettingDialog;
  dialog->show();

とりあえず「サーバに接続」、「サーバから切断」を「ファイル」メニューに追加すれば、起動して、紙芝居を見られるツールとして使ってもらえるのかもしれません。リモートデスクトップソフトとしては、操作できないと意味ないですが(^-^;

上記が実装できたら、インストールパッケージを作ってみようかと。(Linux (Ubuntu)での音の遅延はちょっと対策したいです…)
しかし、Windows用インストールパッケージはともかく、Ubuntu用debパッケージの作り方が分からないな…

« Qt Designerを使ってみる その3 | トップページ | 進捗記録 2014.6.7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/56429403

この記事へのトラックバック一覧です: Qt Designerを使ってみる その4:

« Qt Designerを使ってみる その3 | トップページ | 進捗記録 2014.6.7 »