« Qt 5.3.2がリリースされてました | トップページ | キーボード、マウス情報をバッファリングする »

2014年9月17日 (水)

とりあえずUS Keyboard対応の準備をする

日本語のキーボードの暫定対応が終わったので、USキーボードの準備をしました。正確には対応するソースファイルを準備しただけです(中身は日本語キーボードの処理のまま)。

これに対応して接続ダイアログにキーボードタイプを選択する項目を追加しました。Qt Designerで追加するだけなので楽チンです。追加した項目名の翻訳も必要でした。

20140917_151457

"Japanese"と"US"しか選べません。(必要な人には追加してもらいましょう)

今はcygwinコンソールに以下のようなデバッグプリントが表示されます。この情報を貯めておいてBrynhildrサーバさんに少しずつ送ればいいようです。

[MainWindow:US] VK_Code: "VK_A"
[MainWindow:US] VK_Code: "VK_B"
[MainWindow:US] VK_Code: "VK_A"
[MainWindow:US] VK_Code: "VK_B"
[MainWindow:US] VK_Code: "VK_1"
[MainWindow:US] VK_Code: "VK_2"
[MainWindow:US] VK_Code: "VK_3"
[MainWindow:US] VK_Code: "VK_4"
[MainWindow:US] VK_Code: "VK_5"
[MainWindow:US] VK_Code: "VK_OEM_4"
[MainWindow:US] VK_Code: "VK_OEM_6"

これを表示しているのはメインスレッドなので、操作情報を送るControl Threadと共有バッファを設けることになります。

あと必要な対応は、全角/半角、Windows Key、変換、無変換、Kana/Hiraの各キーイベントが通常だと取得できないという状況を調査することです。マウスイベントのデバッグプリントもやらないと。

(追記)
マウスイベントの情報を表示させてみました。wheel eventは1 tickごとに送られるようです。

[MainWindow] mousePressEvent: Left Button
[MainWindow] mouseReleaseEvent: Left Button
[MainWindow] mousePressEvent: Right Button
[MainWindow] mouseReleaseEvent: Right Button
[MainWindow] wheelEvent: 15 (tick = 1 )
[MainWindow] wheelEvent: 15 (tick = 1 )
[MainWindow] wheelEvent: -15 (tick = -1 )
[MainWindow] wheelEvent: -15 (tick = -1 )
[MainWindow] wheelEvent: -15 (tick = -1 )

« Qt 5.3.2がリリースされてました | トップページ | キーボード、マウス情報をバッファリングする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/57409510

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえずUS Keyboard対応の準備をする:

« Qt 5.3.2がリリースされてました | トップページ | キーボード、マウス情報をバッファリングする »