« ブリュンヒルデ(パブリックモード)とQt Brynhildr(仮称)の比較 | トップページ | MinGW + WinSock »

2015年2月 2日 (月)

キーボードコントロールを実装しました その6

特殊なキーイベントの取得はできたのですが、「全角/半角キー」の情報だけが正しくサーバに送れませんでした。
リファレンスとして公開されている「ブリュンヒルデ零式改」の動作を確認してみましたが、こちらも同様です。

ならば…ということで本家ブリュンヒルデ(1.0.6)をクライアントモードで動作させると…

「IMEが正しくON/OFFできる…」

ということで、お手上げなので作者の方に連絡してみました。

早速お返事頂きまして、

「IMEを強制的にOFFにしないといけないかも」

とアドバイスを頂きました。

main関数の先頭に

ImmDisableIME(0);

とおまじないを書き、.proのLIBSに"-limm32"を追加します。(imm32.libをリンクする必要があるので)

qmakeを再実行し、makeすると強制IME-OFF仕様の実行ファイルが出来上がります。

実行すると…普通にサーバ側のIMEのON/OFFが出来ました\(;゚∇゚)/

ということで、「ブリュンヒルデ零式改」のソースコードzeroshikikai.cppにもこの修正が必要そうです。

WinMain()の先頭に同様におまじないを追加して、DebugビルドとReleaseビルドのリンカへの設定で"imm32.lib"のリンク指定を追加すればよいようです。

ということで、実に開発開始からほぼ一年がかりでしたが、基本機能の実装が終わりました。
(うち2ヶ月は放置でしたが…)

20150202_131021


« ブリュンヒルデ(パブリックモード)とQt Brynhildr(仮称)の比較 | トップページ | MinGW + WinSock »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/58789162

この記事へのトラックバック一覧です: キーボードコントロールを実装しました その6:

« ブリュンヒルデ(パブリックモード)とQt Brynhildr(仮称)の比較 | トップページ | MinGW + WinSock »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30