« タッチパネル向けの実装 その5 | トップページ | タッチパネル向けの実装 その7 »

2015年7月28日 (火)

タッチパネル向けの実装 その6

機能的にはソフトウェア・キーボード/ボタンが動作しているようなので、ソフトウェア・キーボードの英語レイアウトを作りました。日本語レイアウト部品のソースコードをコピーして、差分を手直しするだけです。

「サーバへの接続」ダイアログで選んだキーボードタイプに連動して、どちらかのレイアウト部品を生成して設定します。デバッグのため、サーバに接続しなくても動作するように暫定修正してテストしました。

Ws000004

一部のキーは英語レイアウトになると無効になるのですが、今は表示させたままです。

そういえばKeroRemote(KeroKeyboard)は英語の場合英語レイアウトになるんでしょうか…確認してませんでしたが。

« タッチパネル向けの実装 その5 | トップページ | タッチパネル向けの実装 その7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/60929637

この記事へのトラックバック一覧です: タッチパネル向けの実装 その6:

« タッチパネル向けの実装 その5 | トップページ | タッチパネル向けの実装 その7 »