« タッチパネル向けの実装 その4 | トップページ | タッチパネル向けの実装 その6 »

2015年7月27日 (月)

タッチパネル向けの実装 その5

マウスボタン、その他用の部品を作ろうとしたのですが、メニューに追加したところで基本的なことに気づきました。

ダイアログを表示させようとメニューを選ぼうとすると、マウスカーソルが付いてくるのです(当然ですが)。これでは希望の場所でクリックしたりはできません。どうすればいいかなぁと少し悩んだのですが、タッチパネルだとマウスのように連続的にカーソルを移動するようなことはなく、タッチした場所にカーソルが移動する方が自然ですよね。

というわけで、ソフトウェア・ボタンを表示した時は、マウスの位置情報、ボタンクリックの情報などをブロックして、送信しないようにしました。ただし、デスクトップ上で右クリックもしくは右ダブルクリックした時はカーソル位置を移動するための情報を送信するようにします。これでマウスカーソルの移動に関するタッチパネル相当の動きを再現できるはず…

Ws000001


マウスカーソルがメニューから少し離れているところにあるので確認できると思います。もちろん、PC上で右クリックで移動しているところはタッチパネルの場合には変更する必要がありますが、テスト用途には問題無いと思います。

さて、ソフトウェア・ボタンの部品をQt Designerで作るとしますか…

(数時間後・・・)

レイアウト制御を放置したソフトウェア・ボタンを作りました。 KeroRemoteのようにボタンを隠しておいて動的に表示/非表示するような制御も入れていないので、最初からすべてのボタンが表示されてます。

一部ボタンを日本語化してみましたが、無理に日本語化しないほうがよいかもしれませんね。

Ws000002


Ubuntuだとこんな感じです。

Ubuntu_1404_main20150727204017


« タッチパネル向けの実装 その4 | トップページ | タッチパネル向けの実装 その6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/60913026

この記事へのトラックバック一覧です: タッチパネル向けの実装 その5:

« タッチパネル向けの実装 その4 | トップページ | タッチパネル向けの実装 その6 »