« ソースコード販売はじまったそうですよ | トップページ | Ver.1.2.0-RC2 リリース »

2015年8月23日 (日)

タッチパネル向けの実装 その8

その7の時点では、ソフトウェア・ボタンはすべて常に表示状態でテストしていました。動作自体は問題なさそうなので、それぞれのボタンの表示制御処理を実装してみます。

初期状態では、オプションに関するボタンの表示/非表示をトグルする「オプション」ボタン、マウスのホイール・ボタンおよび左右ボタンのみを表示しておきます。

Ws000013


まだレイアウト制御(ボタンの表示位置、サイズ)のコードを実装していないので不格好になっていますが、とりあえず放置しておきます。(背景色とかも変えたほうがいいですね…)

「オプション」ボタンを押したら「モニタ」、「音質」、「画質」ボタンを表示するようにします。QButtonのsetVisible()メンバ関数の引数にtrue/falseを渡すだけですね。

Ws000014

ここで「オプション」ボタンをまた押すと初期状態に戻すようにします。

「モニタ」ボタンを表示し、さらに「モニタ」ボタンを押したら、「モニタ番号」のボタンを表示するようにします。

Ws000015

ここで「モニタ」ボタンを押すと再び「モニタ番号」ボタンが非表示となります。

同様に、「音質」ボタン、「画質」ボタンも制御するようにします。

Ws000016


Ws000017

ボタン表示の制御はなんとなく実装できました。

KeroRemoteのようにフレームレートを表示するラベルがあったほうがいいですかね。Ver.1.2.0-RC2にフレームレートの情報をステータスバーに表示する仕組みを入れたので、この修正を取り込めば簡単に実現できそうですけど…

« ソースコード販売はじまったそうですよ | トップページ | Ver.1.2.0-RC2 リリース »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/61297492

この記事へのトラックバック一覧です: タッチパネル向けの実装 その8:

« ソースコード販売はじまったそうですよ | トップページ | Ver.1.2.0-RC2 リリース »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30