« ログファイルの作成場所 | トップページ | Nexus 7 で使ってみました »

2015年10月 9日 (金)

なんとなく Nexus 7 で動きましたが…

実機で動かすために Nexus 7側の設定まで行ってましたので、今度はPC側の設定をしてみました。

まず付属のUSBケーブルを使って、PCに繋ぎます。PCはWindows 10 に先日アップデートしました。

AVDでの実行環境を構築済みのQt Creatorを起動して普通に実行してみます。

実行先を選択する設定ダイアログが出たのですが、AVDしか選択欄に出ません。

最初に疑う所はWindowsがNexus 7を認識しているかですね。デバイスマネージャを開いてみるとやはり不明なデバイスのところにNexus 7と出ています。android SDKにwindows向けのデバイスファイルが入っているので、これをインストールしました。 [Android Composite ADB Interface]というのが表示されたら O.K. でしょうか。

再度Qt Creatorで実行してみます。

実行選択先に実機のNexus 7が表示されました。実機の方のNexus 7を選択してしばらくするとAVDでみたことのある画面が表示されました。

現状端末の回転に従って、ぐるぐる回ってしまうので横にしてから Windows 7 サーバに接続してみました。

Screenshot_20151009163655

Nexus 7の方がFullHDで画面が広いので、同サイズだとこんな感じになりますね。なぜか「接続中」のステータスが2箇所に出てます(*^-^)

あと、Nexus 7では現在のサイズ固定の「サーバに接続」ダイアログが小さすぎて見難いし、操作もしづらいです。

Screenshot_20151009163716

調整すべき所がたくさんあって、前途多難な予感がします…

まずは、右上の"…"があればいいのでメニューバーはタブレットでは非表示にして良さそうですね、
同様に恐らくQt側のステータスバーも非表示にして良さそうですので、Androidの時は表示フラグを落とすことにしましょう。(もしかして2つとも非表示になってしまう?)

両方共非表示にしました。

Screenshot_20151009180953


スッキリしました。で、接続すると、

Screenshot_20151009181014


ステータスバーが出ませんね。メニューからステータスバーを表示させると、

Screenshot_20151009181025


1つだけ出ました。ということは、ステータスバーは本来は1つだけ表示されるものなので、表示させる設定で問題ないということですね。ステータスバーのリフレッシュがうまくいってないということかもしれません。

Screenshot_20151009182412

(追記)

Android版をビルドする場合に「constexpr をつけなさい」というエラーが出ます。

素直に従って constexpr を付けるとWindowsの環境では

「constexpr はC++11でサポートされたものだから-std=c++11をつけろよ」

と言われ、こちらも素直につけると今度はQt用ヘッダー周りでエラーになります。

面倒そうなのでとりあえずconstexprを記述しておいてC++11をサポートしていないコンパイラの時は constexpr を無効にするようにしました。あまりよろしくはないかもしれませんが。

#if __cplusplus < 201103L
#define constexpr /* */
#endif

« ログファイルの作成場所 | トップページ | Nexus 7 で使ってみました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/61973194

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく Nexus 7 で動きましたが…:

« ログファイルの作成場所 | トップページ | Nexus 7 で使ってみました »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30