« タブレット向けに設定の初期値を見直しました | トップページ | Ver.1.2.0-RC8 リリース »

2015年11月 1日 (日)

そして、やっぱり気分転換を

Windows XP はもういいか…と思い、結局放置していたのですが、やはり気になって調べました。

Qtのドキュメントを読むと Windows XP はデプロイのみサポートしていると書かれています。これは普通に読むと開発環境(インストール先)としてはサポートはしないけれども XP 向けに作ったソフトウェアをリリースすることはできるよ、と受け取れます。

現在Windows版のリリースはスタティックリンク版として実行ファイルを1つにまとめる形で提供しています。スタティックリンク版だと動作条件が少し限定されるので、調査のためにスタティックリンクしない形のパッケージをWindows XP にインストールしてみました。

起動すると、ウィンドウ自体は正常に表示されます。しかし、サーバに接続するとなにも表示されません。で、マウスを動かしてみるとサーバのマウスは動くのでキーボード/マウスの情報は正常に送信できているようです。

なぜ、デスクトップが表示されないのかを調べるために、コマンドプロンプトを開いて、コマンドでQt Brynhildrを実行してみました。というのも、お恥ずかしいことに一部のデバッグログがまだ標準出力(cout)に出力するようになっているためです。

最初、なにも考えず qtbrynhildr.exe を実行していたのですが、出るはずのログが全く出てきません。
昔ハマった記憶が蘇ってきました…。おもむろに、

qtbrynhildr.exe > run.log

ですよね…コマンドプロンプトには出ないんですよね…

ようやくログを確認しました。そうすると、jpegデータのロード(loadFromData())に失敗していました。受信したjpegデータを1枚ずつファイルに残すように指定するときちんと綺麗にjpegファイルは見られたのでネットワーク通信自体には問題なさそうです。

ということで、"Qt jpeg loadFromData Fail"という感じで検索して得られた結論は…

qjpeg.dll がないんじゃないの?

という衝撃的なものでした(涙)

昔、Qtのバージョンを上げて確認した時にqjpeg.dllが不要になっていると勘違いして imageformats/qjpeg.dll をインストールパッケージから外してしまっていたのです。これに気づかず Windows XP にインストールして「動かんな」と結論づけていたのです。

結論としては、ダイナミックリンク版として提供すれば、Windows XP, VistaもO.K.のようですよ、ってことになります。

下は、VMware上のWindows XP Professional SP3 (32bit) で動かしたものです。Vistaは持っていないので確認できないんですよね…

Windows_xp_professional201511012034

(追記)

audio/qtaudio_windows.dll も足りませんでした…。依存関係が辿れない? (pluginだから…)

この結果、XPで普通に動きました…ただし、パッケージのサイズが倍の16MBになります…

« タブレット向けに設定の初期値を見直しました | トップページ | Ver.1.2.0-RC8 リリース »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/62318852

この記事へのトラックバック一覧です: そして、やっぱり気分転換を:

« タブレット向けに設定の初期値を見直しました | トップページ | Ver.1.2.0-RC8 リリース »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30