« Ver.1.6.7 リリース | トップページ | 言語依存データの外部ファイル化について考える その2 »

2017年3月18日 (土)

Android APK の準備 その2

Qt の機能でフルスクリーンに出来るのですが、バッテリー残量などが表示されている上部のステータスバーとナビゲーションバーは非表示にならないようです。

これらを非表示するに AndroidManifest.xml に設定を追加して、Anrdroid OS から Qt アプリケーションへの橋渡しのための java のコードに処理を追加する方法などが紹介されていますね。

いろいろ調べると橋渡しのための java コードへの処理追加で実現できそうな感じなので、まずは java コードに手を加える方向で試してみようと思います。

AndroidManifest.xml は標準のビルド時に作成されるものをコピ-して登録したのでこれに沿って java のソースコードも登録することにしました。将来的にはディレクトリ構成も要検討ですけど。

qtbrynhildr.pro の Android 向けの設定に以下を追加しました。


---- ここから ----

DISTFILES += \
$$PWD/../dist/android/src/org/qtproject/qt5/android/bindings/QtActivity.java \
$$PWD/../dist/android/src/org/qtproject/qt5/android/bindings/QtActivityLoader.java \
$$PWD/../dist/android/src/org/qtproject/qt5/android/bindings/QtApplication.java \
$$PWD/../dist/android/src/org/qtproject/qt5/android/bindings/QtLoader.java \
$$PWD/../dist/android/src/org/qtproject/qt5/android/bindings/QtService.java \
$$PWD/../dist/android/src/org/qtproject/qt5/android/bindings/QtServiceLoader.java

---- ここまで ----

次に、上記の6つのソースコードをコピーして、上記ディレクトリに配置してソースコード登録しました。

これで Qt Creator でのビルド時に上記のファイルをコピーしてビルドしてくれるようになるので、今後は上記のソースコードに処理を追加していくことにします。

« Ver.1.6.7 リリース | トップページ | 言語依存データの外部ファイル化について考える その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/69968841

この記事へのトラックバック一覧です: Android APK の準備 その2:

« Ver.1.6.7 リリース | トップページ | 言語依存データの外部ファイル化について考える その2 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31