« Ver.2.0.1 リリース | トップページ | 次世代リモートデスクトップアプリ »

2017年9月 1日 (金)

Android版 Ver.2.0.0 の作業 その3

IchiGeki さんにご教授いただきながら、レスポンスの改善を行いました。

Nexus7 (2013) の無線LANが IEEE802.11n なのでそこがボトルネックになるかもしれませんね。

もう少しだけ調整しながら、並行してフルスクリーンでのタッチパネル操作の実装作業をしようと思います。
やっぱり KeroRemote と似たインターフェースがよいでしょうかね…

フルスクリーンにするとこんな感じになります。ま、普通のフルスクリーンなんですが。

Screenshot_20170901203100


こんな感じでインストールされます。

Screenshot_20170901214001

« Ver.2.0.1 リリース | トップページ | 次世代リモートデスクトップアプリ »

コメント

はじめまして
Android版はもう配布されてるのでしょうか?
PCはBrynhildrを使ってるので入れるならこちらのリモートアプリを使いたいと思いまして
ちなみにKindle Fire HD 8でも使えるのでしょうか?
Kindle FireはGoogle Playを使うものはダメで
それ以外はインストール可能です
よろしくお願いします

別件でバタバタしていてAndroid対応作業がまだ完了しておりません。

集中して作業して試用版を提供しフィードバックを反映した後にGoogle Playで正式公開したいと考えていますので、もうしばらくお待ち下さい。

私自身 Kindle Fire HD 8 に関してあまり詳しくないのですが、AndroidをベースにAmazonがカスタマイズしたものらしいのでAndroid版をそのまま使うのは無理みたいです。

Qt5の環境があればビルド出来るかもしれませんが、タブレットとしての性能が十分でない可能性もありますね…

回答ありがとうございます
なんとか裏ワザでGoogle Playを入れました
それでも動かないのもあるみたいですが...
正式公開待ってますよろしくお願いします

Android版出たのですね
使い方がよくわからないので
取り敢えずいつもどうりBrynhildrでつないでる要領で
WinXpでBrynhildrを起動して
Kindle Fire HD 8から
つなぎましたが問題無くつながりました
質問ですが
ダブルクリックはどうすればいいのでしょうか
マウスの感覚で2連続でタッチではダメでした

今度時間がある時本格的に試してみます
次はWin10でも


動作報告いただきありがとうございます!Kindle File HD 8でも動くのですね。

KeroRemoteにならってダブルクリックはボタンパネルを表示して左ボタンをダブルタップするようにしましたが通常時にダブルクリックできたほうがいいでしょうかね…

ボタンパネル、キーボードパネルの表示は標準ではそれぞれ左端中央あたりから右にスワイプ、右端中央あたりを左にスワイプとなっています。メニューからKeroRemote方式に変更できますがこの仕様はまだ暫定です。

前回公開したAPKパッケージはバージョンが古いので最新版のAPKパッケージを作ってみようと思います。

回答ありがとうございます
ダブルクリックですがボタンパネルで出来ました
キーボードは簡単に出ますが何故かボタンパネルが出にくく毎回2,3回かかります
> 通常時にダブルクリックできたほうがいいでしょうかね…
タブレットに繋いだマウスはダブルクリック出来、ドラッグ&ドロップはダメなようです

それと
1つ要望ですがボタンパネルやキーボードの透過は出来ないでしょうか?
キーボードは画面半分位埋まってしまうし入力欄にフォーカスも無しなようなので
透過すればそのまま隠れること無く入力出来ないかと思いまして

Fire HD 8のスペックもありサクサクと言う訳にはいかないですが
取り敢えずリモートでやりたかったことの確認が出来ました
仕事に行く前に仕込んでた長時間かかる変換やバックアップ、Windows Updateなど
仕事先で途中経過の確認や続いて別ファイルの変換、終了時に電源オフなど
いままでノーパソを持ち込んで休憩時間にBrynhildrで繋いでた
ことがタブレットで出来るのはいいですね

一応、他のFire HD 8ユーザーの方に補足ですが
野良アプリとしてインストールは出来ますが
Google Playからのインストールは通常出来ません
裏ワザでGoogle Playからのインストールすることは出来るのでググッて見てください

> キーボードは簡単に出ますが何故かボタンパネルが出にくく毎回2,3回かかります

判定範囲の設定を確認してみます。

> タブレットに繋いだマウスはダブルクリック出来、ドラッグ&ドロップはダメなようです

外に繋いだマウスとキーボードのイベントの処理が中途半端な対応になっていると思いますので改善したいと思っています。まずは所有しているBluetoothキーボードを。

> 1つ要望ですがボタンパネルやキーボードの透過は出来ないでしょうか?

出来ると思います。実際目で見ながら透過率を調整できると良さそうですね。

> Fire HD 8のスペックもありサクサクと言う訳にはいかないですが

モード7の場合 Ver.2.0.12ベースだと少しは軽いと思いますが、ある程度のスペックがないとやっぱりキツイかもしれませんね。ネットワーク環境がいい場合はモード6を選ぶという選択もありかもしれません。

ネットワーク周りが不安定な場合もあるようなので改善したいなぁとは思っているのですが…

今後もなにかお気づきの点があれば気軽にお知らせください、よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2011805/71587845

この記事へのトラックバック一覧です: Android版 Ver.2.0.0 の作業 その3:

« Ver.2.0.1 リリース | トップページ | 次世代リモートデスクトップアプリ »

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31