2017年10月20日 (金)

Ver.2.0.5 Portable バージョン

Ver.2.0.5 のポータブル版(Windowsのみ)です。

設定ファイル、ログファイル、出力パスが展開したフォルダ下になります。

以下からダウンロードできます。

https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases

(追記)
2017.10.21 に不具合修正して置き換えました。

Portableでなく、最初に起動した場所で設定が記憶されてしまってました、スミマセン。

-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
5a31ab9fbc55529299343693de7301246dbb674c08be0f1d30a4a3340628f6f5 *QtBrynhildr64-windows-v205-Portable.zip

c430636ce0f4d2a134daed71bc62cf8c93982636320dd1c256fadb3fbcdf055d *QtBrynhildr-windows-v205-Portable.zip

2017年10月19日 (木)

Ver.2.0.5 リリース

Ver.2.0.5 をリリースします。

画像変換処理をマルチスレッドで行うように標準設定を変更しました。

今時のデスクトップPC向けのCPUのシングルコア性能であれば従来の方法でほぼ問題ないのですが、
数年前のタブレット向けのCPUではシングルコア性能がやや非力なので処理が追いつかないようです。

.iniの設定は以下のようになります。設定名を"numOfThreadForConvert"から変更しました。

なし : convertThreadCount=0 (従来の標準設定)

2スレッド : convertThreadCount=2 (標準設定)

4スレッド : convertThreadCount=4


Android版リリースに向けた修正が入っていますが、まだ対応途中です。

以下はNexus7(2013)のスクリーンショットです。

Screenshot_20171016094536

Screenshot_20171016094609


以下からダウンロードできます。(Windows/Linux/Mac版)


https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases

主な変更は以下です。


[新規機能]
・画像変換処理のマルチスレッド機能の正式化
 (1) 画像変換処理のスレッド数の初期値は2
(2) 設定変更用コンボボックスを「設定」ダイアログに追加
(3) .iniの設定名を"numOfThreadForConvert"から"convertThreadCount"へ変更


(*) Fall Creators Updateで動作確認しました。

リソースモニターにGPUの情報が出るんですね。「3D」、「コピー」、「Video Encode」、「Video Decode」、「専用GPUメモリ使用量」、「共有GPUメモリ使用量」という項目が表示されてます。

-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
cd0ef22b896952b50fbf06c4bf7e72bc4def4244c36a5b2ef1cbf27b212137f9 *QtBrynhildr64-windows-v205-msvc.exe

cfde4b8652d5977b05938b338493cc7b0b7a1f6862a577f8f2970d3a40811d39 *QtBrynhildr-linux_x64-v205.run

2e08280fe8312f5fcd98cec46ba329e17a7fc783ea2dbf5ecc1383bfc5775186 *QtBrynhildr-macosx_x64-v205.dmg

f652615790e4aec0a95f326cd9066cd9d6ca0499f9f3eae4f2994918ea8700d9 *QtBrynhildr-windows-v205-msvc.exe

2017年10月11日 (水)

Ver.2.0.4 リリース

Ver.2.0.4 をリリースします。

モード7でデスクトップ画像の処理を高速化する処理をテスト実装しました。
ただし、ネットワークの通信スピードによるボトルネックが先でしょうから標準では無効です。


デスクトップ画像の領域を分割して、それぞれ別のスレッド(QtConcurrentを使ってます)で処理します。

.iniで

numOfThreadForConvert=2

とすると2スレッドで、最大4スレッドまで利用します。(0,1の場合は従来と同じ処理)


あと、暫定版ですが「設定」ダイアログを追加して、先日リリースされたQt5.9.2を使ってビルドしました。

Android版リリースに向けた修正が入っていますが、まだ対応途中です。


以下からダウンロードできます。(Windows/Linux/Mac版)


https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases

主な変更は以下です。


[新規機能]
・モード7のデスクトップ画像の変換処理をマルチスレッドで行う仕組みをテスト実装
・「設定」ダイアログ(暫定版)を追加

[その他変更]
・Qt5.9.2でビルドするように変更(Linux(x86)版のみ5.4.2のまま)

-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
93745ecf330b998e3c24da4be6ecf60bad78ed4a978ed1b38a4e4ce9f7f38b7e *QtBrynhildr64-windows-v204-msvc.exe

7341d27c7d429a420ce86ca6f431ee10e2028f8134d9bd7651f606dc6c28259b *QtBrynhildr-linux_x64-v204.run

d2bf7c1bef75aa941bb6eddcc72e9e5c0722a4236755bec91ea66209880528d2 *QtBrynhildr-macosx_x64-v204.dmg

efcd41ace01ec1d55432cc34d87a3c909a69af77860c2139bc5d2fa5fa30d62e *QtBrynhildr-windows-v204-msvc.exe

2017年9月19日 (火)

Ver.2.0.3 リリース

Ver.2.0.3 をリリースします。

サーバ接続中にパブリックモードを変更できるようにしました。

Android版リリースに向けた修正が入っていますが、まだ対応途中です。

(*) 本家 Brynhildr もバージョンアップされています。

Brynhildr「2.3.5」リリース


以下からダウンロードできます。(Windows/Linux/Mac版)


https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases

主な変更は以下です。


[新規機能]
・サーバ接続中にパブリックモードを変更する機能を追加

-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
5a5bd9a2ba1c6477652bff24b391a0cab597248660c57a66af5703efddbb2add *QtBrynhildr64-windows-v203-msvc.exe

0455e6202c93f6aa2445255126e8abc2a94fe77ead9309de20df5fa1695918d3 *QtBrynhildr-linux_x64-v203.run

f2be77fea9fd4a7931f565bfb0418f5a025cf21be9afacfbf5bf7b9d0210e092 *QtBrynhildr-macosx_x64-v203.dmg

ddb6788dcc78afbc45a2556f60976ab630d925d6d5b538098400d2ac533a26e2 *QtBrynhildr-windows-v203-msvc.exe

2017年9月 6日 (水)

Ver.2.0.2 リリース

Ver.2.0.2 をリリースします。

フレームレート制御の微調整とテスト用の機能が入っています。

Android版リリースに向けた修正が入っていますが、まだ対応途中です。


QtBrynhildr64-windows-v202-msvc.exe : Windows 64bit MSVC版 (Windows7以降)

QtBrynhildr-windows-v202-msvc.exe : Windows 32/64bit MSVC版 (Windows7以降)

QtBrynhildr-linux_x64-v202.run : Linux 64bit

QtBrynhildr-macosx_x64-v202.dmg : Mac 64bit


以下からダウンロードできます。(Windows/Linux/Mac版)


https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases


主な変更は以下です。


[新規機能]
・「デスクトップ圧縮」機能をテスト実装

[その他変更]
・テスト用のソフトウェア・キーボード/ボタン機能を無効化
(Android版のみ有効のまま)


[デスクトップ圧縮モードとは]

通常はサーバからデスクトップと同じサイズの映像データを受信し、必要であればクライアント側で
リサイズを行ってから表示しています。このためリサイズしてもデータ転送量自体は変わりません。

データサイズが大きいためクライアント側の処理が重くなりますが、クライアント側の性能が高ければ
あまり問題とならないため、このような仕様となっています。

サーバ側の性能が高い場合、サーバ側でデスクトップ画像の縮小を行ってからクライアント側へ
転送することでクライアント側の負荷(メモリ使用量とCPU使用率)を下げることができます。
(逆にサーバ側の負荷は上がりますが)

低負荷で動画を観たり、デスクトップの様子を眺めたりするだけの場合には有効かもしれません。
(当然ですがオリジナルサイズのデスクトップが必要な場合は効果がありません)

Ws000000


最初の発想としては、MotionJPEG利用時にサーバ側でデスクトップ画像を縮小し転送した後クライアント側でもとのサイズに拡大してみたら何か面白いことができるだろうか?というものでした。

もちろん画像を縮小後に再び拡大するわけですから画質はダメダメになるのですが、マシンの負荷が減っているというところに注目して、再拡大しない仕様で独立した特別なモードとして用意してみたのですが、このモードでテキスト編集とかする人は居ないでしょうねヽ(´▽`)/


-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
24ba39d2131eb0e961f8fe5ee154983daeac26ef271e185cf029d399b8e59f62 *QtBrynhildr64-windows-v202-msvc.exe

50748139bd1f9dcd191942489b40746ee0abb6d371073ce4529cfd2abb5597bc *QtBrynhildr-linux_x64-v202.run

21cc0338809257ee5b0888b3c5e15390d8016321eec8ae6fd2e33ec68c6d62e5 *QtBrynhildr-macosx_x64-v202.dmg

30231e9a384af5c4d4e57749b0e0252d9fa0ccddda086c80064b1df340db06fd *QtBrynhildr-windows-v202-msvc.exe

2017年9月 5日 (火)

次世代リモートデスクトップアプリ

Brynhildr の後継について、第一弾の情報が公開されました。

次世代リモートデスクトップアプリ

続報が楽しみですね。

2017年9月 1日 (金)

Android版 Ver.2.0.0 の作業 その3

IchiGeki さんにご教授いただきながら、レスポンスの改善を行いました。

Nexus7 (2013) の無線LANが IEEE802.11n なのでそこがボトルネックになるかもしれませんね。

もう少しだけ調整しながら、並行してフルスクリーンでのタッチパネル操作の実装作業をしようと思います。
やっぱり KeroRemote と似たインターフェースがよいでしょうかね…

フルスクリーンにするとこんな感じになります。ま、普通のフルスクリーンなんですが。

Screenshot_20170901203100


こんな感じでインストールされます。

Screenshot_20170901214001

2017年8月31日 (木)

Ver.2.0.1 リリース

Ver.2.0.1 をリリースします。モード7のいくつかの不具合を修正しました。
Android版リリースに向けた修正が入っていますが、まだ対応途中です。


今後はWindows(64ビット版、32/64ビット版), Linux(64ビット版), macOS(64ビット版)を提供予定です。


QtBrynhildr64-windows-v201-msvc.exe : Windows 64bit MSVC版

QtBrynhildr-windows-v201-msvc.exe : Windows 32/64bit MSVC版

QtBrynhildr-linux_x64-v201.run : Linux 64bit

QtBrynhildr-linux_x86-v201.run : Linux 32bit

QtBrynhildr-macosx_x64-v201.dmg : macOS 64bit


QtBrynhildr-windows-v201.exe : Windows 32/64bit MinGW版

QtBrynhildr-windows-v201-Qt562.exe : Windows 32/64bit MinGW(XP/Vista対応)版


MinGW版からMSVC版へ移行する際はそのまま上書きインストールも可能です。
設定ファイル("Qt Brynhildr.ini")はそのまま引き継がれます。

なんとなく気持ち悪い方は一旦MinGW版をアンインストールしてからMSVC版をインストールしてください。
その場合設定ファイルは初期状態に戻ります。必要な方は手動でバックアップしてください。


以下からダウンロードできます。(Windows/Linux/Mac版)


https://github.com/funfun-dc5/qtbrynhildr/releases


主な変更は以下です。


[不具合修正]
・サーバ側でスケーリングを行う場合(desktopScalingType=1の時)にスケーリングが常に等倍に戻ってしまう不具合修正
・モード7で「接続」、「切断」を繰り返すとメモリリークが発生する不具合修正
・モード7でグラフィックスをOFFにした後再度ONにした時や最小化から復帰した時にデスクトップ画像が一時的に崩れる不具合修正

[その他変更]
・「サーバに接続」ダイアログにパブリックモードのバージョンを選択するコンボボックスを追加
・フレームレートの制御アルゴリズムの改善(単純化)
・libvpx(VP8デコード)のビルドオプションの見直し
・AndroidでVP8/CELTサポートを有効化


-----------------------------------------------------------------------------------
[SHA256SUM]
-----------------------------------------------------------------------------------
2fcedfe96b2709cdc366b4fd5b20fede173239c3e4a01c56eebdcab4cde44b85 *QtBrynhildr64-windows-v201-msvc.exe

9c1e7466de50977f4878e50124fc9bdd96fae4e7c9672227e7c646805ea7bf17 *QtBrynhildr-documents-20170831.zip

b86da088a4b571fd5589d764c95d717e5c35ed882e658aa96eb9ee3454c64f7d *QtBrynhildr-linux_x64-v201.run

c0843ca120e866ca47fa0325664872d96a68b61a438d557a80485d9ef49283cf *QtBrynhildr-linux_x86-v201.run

1bcc562a1f5f70e4dc0a62535819c42ffbf7894e5e6e1a2e88a523f1b45bceac *QtBrynhildr-macosx_x64-v201.dmg

c75a37c88b7657946389e31324dfebfe169ab64dbf14fbdd66325974a41e7524 *QtBrynhildr-windows-v201.exe

d0010701c3106de04048cdcd680b6d07af5735a512c7ea0ee04d4113e6dfb87f *QtBrynhildr-windows-v201-msvc.exe

ac3d8004ad2b8253b7ec5711d40384180984a5581d9abb76d4d95616335360a5 *QtBrynhildr-windows-v201-Qt562.exe

2017年8月28日 (月)

Brynhildr 「2.3.4」 がリリースされました

Brynhildr 「2.3.4」 がリリースされました。

Brynhildr「2.3.4」リリース

パブリックモードでない時にサーバ側のマウスカーソルとローカルマシンのマウスカーソルが同時に表示される場合があったそうです。(パブリックモード5/6と同じような感じになりますが、カーソル形状自体は同じになるそうです)

あと、今後の Brynhildr について近いうちに何か News がありそうな感じです、楽しみですね( ̄ー ̄)ニヤリ
#私も知りませんので…

2017年8月25日 (金)

Android版 Ver.2.0.0 の作業 その2

libvpx の次に CELT ライブラリを同じく Linux x64上で作りました。

Android NDK に含まれるクロスコンパイル用ツール(gcc他)を使ってビルドします。libvpx を作った時に作成される

libs-armv7-android-gcc.mk

というファイルの内容が参考になりました。例えば以下のような情報があります。

CC=/opt/android-ndk-r14b/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/linux-x86_64/bin/arm-linux-androideabi-gcc
CXX=/opt/android-ndk-r14b/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/linux-x86_64/bin/arm-linux-androideabi-g++
AR=/opt/android-ndk-r14b/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/linux-x86_64/bin/arm-linux-androideabi-ar
LD=/opt/android-ndk-r14b/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/linux-x86_64/bin/arm-linux-androideabi-gcc
AS=/opt/android-ndk-r14b/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/linux-x86_64/bin/arm-linux-androideabi-as
STRIP=/opt/android-ndk-r14b/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/linux-x86_64/bin/arm-linux-androideabi-strip
NM=/opt/android-ndk-r14b/toolchains/arm-linux-androideabi-4.9/prebuilt/linux-x86_64/bin/arm-linux-androideabi-nm

CELTは基本C言語で書かれているようなので、gcc で コンパイルし, アーカイバ ar でアーカイブして libcelt0.a とすれば、とりあえずは良さそうです。

出来上がった libcelt0.a をコピーして所定の位置に配置し、これまでAndroidでは無効化していた CELT を有効にしてから Qt Creator 上でビルド、実機上で実行して CELT によるサウンド再生を確認しました。

またデータ転送量がWindows上のQt Brynhildr と同程度に削減されていることも確認できました。(右下のフレームレートのところ)

Screenshot_20170825223232


デスクトップ表示のレスポンスは少し改善されましたが、まだ Kero Remote のレベルには達していないのでもう少し調査が必要そうです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー